« 塩原でスノーシュー、今年は雪が多いね | トップページ | 7日(月)「とちぎ県民協働フェスタ」開催 »

2011年2月 1日 (火)

老犬ティナの頑張り

Photoひと月前は、こうして散歩していたひなた*の番犬1号ティナが、今朝からとうとう動けなくなりました。
食べなくなって2週間、獣医さんからは、腎不全と肝臓血腫と脳障害の疑いがあると言われました。
14歳と7ヶ月。大型犬だから、人間だと90歳くらい・・・。

今は、点滴で頑張っています。
でも、苦しそうな感じは全然なくてウトウトしたり、人間や他の犬が動く方にゆっくりを顔を向けたりします(白内障で見えてないはずなんだけど・・・)。
それと、トイレに行きたい時には、上半身をムクッと起こすような仕草をするから分かります。偉いなぁ、ティナ!

あとどれくらい一緒にいられるかわからないけど、穏やかにひなたぼっこを楽しもうね!

« 塩原でスノーシュー、今年は雪が多いね | トップページ | 7日(月)「とちぎ県民協働フェスタ」開催 »

編集室の黒い犬たち」カテゴリの記事

コメント

ツキミさん
ありがとうございますdog

ティナの穏やかな顔を見ていると、ちょっと安心します。
もちろん、犬なので人の場合とは違いますが、「看とり」という言葉について、考えさせられる今日この頃です。

大好きなご主人と一緒にいられて幸せだと思いますconfident
ティナ、頑張れ!
ご主人もファイトです!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 塩原でスノーシュー、今年は雪が多いね | トップページ | 7日(月)「とちぎ県民協働フェスタ」開催 »

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

kuroinu1go

  • kuroinu1go
無料ブログはココログ