« 2007年4月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年5月27日 (日)

御神火祭

Gojinkasai5昨夜は「御神火祭」でした。
殺生石で行われる火祭りで、「九尾の狐」伝説の語り、大松明の前での「九尾太鼓」の演奏などが行われました。
ドキドキしたのは、大松明の火の勢い!
150人程の松明行列により点火された大松明は、ちょうど吹いて来た強い風で一気に燃え上がり、火の粉がすごい勢いで飛びました。
でも、太鼓のメンバーは立派!背後で燃え盛る炎をものともせず、太鼓を叩き続けました。すごい迫力でした。これぞ火祭!
でも、ホントは怖かったと思います。地元の消防の人たちもたくさんいて、みんなで頑張って盛り上げたお祭りでした。

2007年5月22日 (火)

ちごゆり

Chigoyuri「稚児百合」と言います。茎の長さ10cmくらい、小さな花は1cmくらいのユリ科の植物です。ちょっとうつむき加減で、清々として可憐な花です。
以前、那須湯本あたりの日当たりの良い場所で見たので、ずっと山に咲くものかと思っていたのですが、去年、庭にたくさん咲いているのを見つけました。
花が終わると最初は緑色の小さな実をつけ、だんだん黒っぽく固くなります。そのあと、どうなるか見たことがないので、今年は観察しようと思っています。

2007年5月 6日 (日)

那須の九尾太鼓

Kyubidaiko那須湯本の殺生石に伝わる九尾の狐伝説。
その九尾の狐は、今や那須のマスコット「キュービー君」になり、伝説にあるようなオドロオドロしさも薄れています。

でも、年に一度、伝説を体感できる時があります。殺生石で行われる御神火祭(ごじんかさい)です。
暗がりの殺生石で、九尾の狐のお話が語られます。大松明の火の粉が飛ぶ中、白狐の面と白装束に身を包み九尾太鼓が演奏されます。

写真の九尾太鼓は昼間に行われたイベントでの演奏風景ですが、感じはまったく違います。闇夜と火の祭り、御神火祭は雰囲気満点。
5月26日(土)の夕刻から行われます。ぜひ、お出かけください。

2007年5月 3日 (木)

リスさん、お久しぶり!

Risu今朝、庭にリスが来ました。久しぶりのことです。木の枝に座ってひとしきり何やらモグモグ食べた後、地面にスルッと降りて来ました。

那須山や那須野の雑木林では、いろいろな動物が見られます。
以前、車で那須街道を走っていて頭上をモモンガ(ムササビ、どっちだろう?)が滑空するのを見ました。南ヶ丘牧場から板室へ抜ける道でキツネの親子を見たこともあります。ウチの庭にはウサギやリスがやって来ます。
ゴールデンウィークで那須に来られる皆さん、ゆっくりとまわりの自然を眺めてください。小さなかわいい動物との出会いがあるかもしれませんよ。

2007年5月 1日 (火)

家族を探している犬

Hiroiinu友人が保護した犬です。那須の山は、どういうわけかこういうことが時々あるのです。悲しいことです。犬とともに暮らしている者としては、本当に悲しいです。犬を捨てないでください。
この子たちは、たぶん生後2、3ヶ月。黒い方が女の子、白茶の方が男の子です。家族になってくれる方いませんか?

« 2007年4月 | トップページ | 2007年8月 »

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

kuroinu1go

  • kuroinu1go
無料ブログはココログ